魔幻魔窟摩香港

第26集 藏於鬧市一角的公墓 — 馬場先難友紀念碑

FacebookTwitterWhatsAppLineGoogle+


這個藏於鬧市,鮮為人知的紀念碑,是否很特別呢? 其實它是一個公墓,是為了紀念香港開埠不久後的一宗慘劇而建。今集會來到這兒看看,兼講講跟它有關故事。

之前提到的慘劇,是指發在1918年2月26日跑馬地的「火燒馬棚」,慘劇造成600幾人死亡。為了紀念這件事的公墓,建於今日的香港大球場附近。

當年跑馬地觀賞賽事的馬棚,主要以竹及木搭成,加上 葵葉遮太陽。根據找到的資料,比賽當日,有成幾千人入場「睇馬」,馬棚上面逼滿觀眾,可能因此而過重,令馬棚倒塌,壓倒下面的熟食檔,引發大火。令到好多人不是跌死就燒死,當時政府聞訊後出動大量人力去救災,警察、消防、聖約翰救傷隊…..甚至連童子軍也出動協助救災。

一場意想不到的災難,令到本來充滿歡樂的馬場,轉眼變成人間煉獄,因死者太多,屍體要盡快處理,因此政府即日安排家屬認屍,遺體完整的,就由家屬即時領走。很多死難者因為火燒或者被倒塌的馬棚壓到,令遺體變型或者支離破碎,根本難以辨認,為了公共衛生,就即時將這些 殘缺不全的遺體運到附近的咖啡園安葬。雖然當局已盡量清理現場,不過仍然有部份屍塊殘骸混雜於瓦礫之中,根據舊報紙所記載,清潔工人清理現場後,將瓦礫連同垃圾運到去今日的鵝頸橋,然後撒入海中,當時有部份水上人見到後,就想其中可能有值錢的物品,其中一個人就打撈到一件重物,打算洗乾淨後看看,豈知……..原來是個燒熟了的人頭,嚇得他當堂把頭拋回海就算…….

關於這宗「火燒馬棚」的慘劇,有一位叫鰲洋客的作者,在華僑日報曾詳細記載當時的情況,他由1952年12月23號開始寫第一篇,一直寫到1953年的1月尾,有興趣的朋友上可以上網搜尋相關的舊報紙看看。

意外發生後,東華醫院全力協助救災,並同政府商議,將咖啡園臨時墓地正式改建為公墓,借此悼念死難者,公墓於1922年落成,定名為「馬場先難友紀念碑」,「馬場先難友紀念碑」在2010年獲評為一級歷史建築。

公墓的設計是左右對稱,左右兩邊分別有一座寶塔及涼亭,因為死難者包含了中西不同國藉人士,因此公墓的設計係揉合了中西文化的特色,有中式瓦項,亦有西式柱石。碑文方面,有齊中英文兩款文字,並刻了死難者姓名各國藉,可以見到大部份罹難者為華人,亦有外藉人士。

==================================

繁華街の中に隠れているこのあまり知られていない記念碑は特別なものではないでしょうか? 実際、これは悲劇を追悼するために建てられた墓地です。このエピソードは、それを見て、それに関連する話をするためにここに来ます。

前述の悲劇とは、1918 年 2 月 26 日にハッピー バレーで 600 人以上が殺害された「競馬場の大火炎」のことです。この出来事を記念する墓地が、現在の香港スタジアムの近くに建てられました。

ハッピーバレーのレース観戦に使われる馬小屋は主に竹と木でできており、太陽から守るためにヒマワリの葉が加えられていました。判明した情報によると、レース当日は数千人が観戦に来ており、厩舎の上は観客で混雑し、馬小屋が倒壊して潰れた可能性があるという。下の屋台で調理され、火災が発生しました。多くの人が転落死したり、焼死したりした。この知らせを聞いた政府は、警察、消防士、セントジョンズ救急隊、さらにはボーイスカウトまでを派遣した。災害救助を支援するために。

予期せぬ災害により、当初は楽しかった競馬場が一瞬にして地獄と化した。あまりにも多くの死者が出たため、政府は早急に遺体を処分する必要があった。遺体は無傷だったので、すぐに家族によって引き取られることになった。犠牲者の多くは火災や倒壊した厩舎に押しつぶされて遺体が変形したり断片化したりしており、公衆衛生上の観点から、これらの切断された遺体はすぐに近くのコーヒー園に移送されて埋葬された。当局は現場の清掃に全力​​を尽くしたが、瓦礫の中にはまだ遺体の一部が混ざっており、清掃員らが現場を片付けた後、一部の人が瓦礫やゴミを海に撒いたという。彼はその時それを見て、何か貴重なものがあるかもしれないと思ったが、そのうちの一人が重い物体を見つけてそれを掃除して見ようと計画した…それは予期せず、調理された人間の頭だった。彼は恐怖のあまり、観客の前に頭を投げ返しました…

事故後、東華醫院は災害救援に全面的に協力し、コーヒー園内の仮墓地を正式に犠牲者を追悼する墓地に変えるよう政府と交渉した。この墓地は1922年に完成し、「馬場先難友紀念碑」と名付けられた。 「馬場先難友紀念碑」は2010年に第1級歴史的建造物に指定されました。

墓地のデザインは左右に塔とあずまやがあり、犠牲者には中国と西洋の異なる国籍の人々が含まれていたため、墓地のデザインは中国と西洋の文化の特徴を組み合わせています。中国風のタイルと西洋風の柱。碑文には中国語と英語が併記されており、犠牲者の名前が各国から借用して刻まれており、犠牲者の多くは中国人であり、外国人もいたことが分かる。

==================================

Is this little-known monument hidden in a busy city special? In fact, it is a cemetery built to commemorate a tragedy. Today we will come here to take a look and tell some stories about it.

 

The tragedy mentioned earlier refers to the disastrous fire in the Happy Valley racecourse on February 26, 1918, which killed more than 600 people. A cemetery to commemorate this event was built near today’s Hong Kong Stadium.

An unexpected disaster turned the originally joyful racecourse into a living hell in an instant. Because there were too many dead, the bodies had to be disposed of as soon as possible. Therefore, the government arranged for family members to identify the bodies immediately. If the bodies were intact, they would be taken away immediately by the family members. Many of the victims had their bodies deformed or fragmented due to fire or being crushed by collapsed stables, making them difficult to identify. For the sake of public health, these mutilated bodies were immediately transported to nearby Coffee Garden for burial. Although the authorities have tried their best to clean up the scene, there are still some body parts mixed in the rubble. According to old newspaper records, after the cleaning workers cleared the scene, they scattered the rubble and garbage into the sea. Some people saw it at that time. He thought there might be something valuable in it, but one of them found a heavy object and planned to clean it and take a look at it. Unexpectedly…it turned out to be a cooked human head. He was so frightened and threw the head back to the sea…

After the accident, Tung Wah Group of Hospitals fully assisted in disaster relief and negotiated with the government to officially convert the temporary cemetery in the coffee garden into a cemetery to commemorate the victims. The cemetery was completed in 1922 and named

“Race Course Fire Memorial “. " Race Course Fire Memorial " was rated as a Grade I historic building in 2010.

The design of the cemetery is symmetrical, with a pagoda and a pavilion on the left and right sides. Because the victims included people from different nationalities, both Chinese and Western, the design of the cemetery combines the characteristics of Chinese and Western cultures, with Chinese-style tiles and Western-style pillars. As for the inscriptions, there are both Chinese and English, and the names of the victims are engraved and borrowed from various countries. It can be seen that most of the victims were Chinese, and there were also foreigners.


 

以下地圖標示了本節目曾經到過香港什麼地方,方便大家查閱及前往探索。

番組内で紹介した場所は、以下の地図で確認・探索するのに便利です。

The following map indicates the places introduced in this column, which is convenient for you to check and explore.