標籤:魔幻

第5集 盂蘭法會節錄

農曆七月祭孤魂,盂蘭節時,大家偶然在街頭會見到人燒街衣,而在未有疫情前,又可以在某些球場見到搭棚做盂蘭勝會和做神功戲﹔但盂蘭法會又是怎樣的呢?今期就來個簡單的節錄,讓大家看看盂蘭法會。

香港道教の盂蘭盆会の儀式 & 煉渡科の法会のプロセスには !!

Hong Kong Taoist ritual in Yue Lan festival

 

相關節目﹕

與喃嘸師傅對話,疫情生死盂蘭乜都傾

亂畫盂蘭

第4集 五百羅漢陪你行山之沙田萬佛寺

 

 

 

平時行山,單睇山林景色,或者大家會覺得有點悶,如果有五百個羅漢陪你行山,感覺又如何呢?

位在沙田的萬佛寺,上寺的山路上就有五百羅漢坐鎮,它們以玻璃纖維製成,漆上金色,雖則有部份因為日曬雨淋而有所褪色,但仍無損觀賞價值。個個羅漢形態不一,神態亦有所不同。莊嚴搞鬼唸經冥想樣樣齊。如果要同每個羅漢selfie,肯定要花不少時間。

從山路望向遠處,可望到山下的沙田景色,同一個景內,遠處有屬於都市象徵的高樓大廈,近的卻是形態萬千的羅漢金象,兩種風馬牛不相及的事物,卻偏偏完美融合,這種景觀,就是香港特有的魔力。

 

普段は山でハイキングをしたり、山や森の景色を眺めたり、みんな少し退屈していると思いますが、500本の羅漢が山に付いているとしたら、どんな気持ちになりますか?

沙田の萬佛寺にある五百羅漢は、山道にある寺院への道にあり、ガラス繊維でできており、金色に塗られています。太陽や雨で色あせてしまうものもありますが、まだ色あせていません。装飾的な価値を損なう。 すべての羅漢は異なる形と態度を持っています。 それぞれの羅漢と一緒に自分撮りをしたいのなら、間違いなく時間がかかります。

山道から遠くを見ると、山の下の沙田の風景が見えます。同じシーンには、遠くに街のシンボルである高層ビルがありますが、さまざまな形の羅漢の黄金の象がいます。近くにあります。言及されているものは完全に統合されています。このような風景は香港のユニークな魔力です。

萬佛寺のリンク(中国語のみ)

 

When you are hiking , just looking at the scenery of the mountains and forests, maybewill feel a little bored. How about if there are  500 arhats to accompany with you, how would it feel?

Ten Thousand Buddhas Monastery which located in the in Sha Tin, there are five hundred arhats sitting on the mountain road. They are made of fiberglass and painted golden. Although some of them fade due to the sun and rain, they still do not detract from the ornamental value. All Arhats have different forms. If you want to take a selfie with each of them, it will definitely take a lot of time.

You can see the Sha Tin scenery below the mountain. In the same scene, there are tall buildings that are a symbol of the city, but the golden elephant of the Arhat in various forms is nearby. The things mentioned are perfectly integrated. This kind of landscape is the unique magic of Hong Kong.

Link of Ten Thousand Buddhas Monastery (Chinese language only)

IMG_20210403_134314wm

 

 

IMG_20210703_140123wm IMG_20210403_130731wm IMG_20210403_125755wm

 

IMG_20210403_131615wm

IMG_20210403_134238wm

 

 

第3集 穿梭中環半山之祭祀文化篇

華洋雜處,新舊交雜,兩者文化風格相異但卻能共處一地,這是香港充滿魔幻魅力的原因。之前兩集,攝影師帶大家遊走中環半山,並深入一些洋化建築物,今集仍然繼續半山之旅,不過口味就轉一轉,去睇睇有中國文化特色的地方。

本集內容﹕

1. 文武廟和百姓廟
2. 卅間


 

中環半山可說是中西文化共融一體的最佳展示場所,既有大館和PMQ這類洋風味重的建築物,同時亦有不少廟宇坐落此地,今次就行下文武廟和百姓廟。文武廟大約建於19世紀中葉,今時今日的文武廟建築群,主要由文武廟、列聖宮和公所組成。文武廟供奉著文武二帝,列聖宮就供奉著觀音和其他神衹,至於公所,早期是華人處理糾紛的場所,時至今日,公所則是個售賣紀念品的地方。

行完文武廟,沿上環方向步行約5分鐘,就會去到百姓廟,百姓廟原名廣福義祠,同樣建於19 世紀,話說香港開埠初期,有不少外來華工來此工作,他們隻身來到香港,大多無親無故,故死後大多草草埋葬就算。有善心人不忍這種情況,故籌錢建立了廣福首祠,主要為這些華工提供殮葬服務,故廣福義祠,又名百姓廟。

文武廟與百姓廟,一大一細,兩者風格完全不同,一齊入去看看。

ミッドレベルセントラルは、中国と西洋の文化の統合を展示するのに最適な場所です。大館やPMQなどの西洋の風味が強い建物があります。同時に、ここには多くの寺院もあります。今回は訪問します。文武廟と百姓廟。 文武廟は19世紀のほぼ中央に建てられた。今日の文武廟は複雑主に文武廟、列聖宮と公所で構成されています。

文武廟を訪れた後、上環の方向に5分ほど歩くと百姓廟に到着します。百姓廟はもともと廣福義祠と呼ばれ、19世紀に建てられました。香港の初期には、多くの外国人中国人労働者がここで働きに来ました。彼らのほとんどは親戚がなく、香港に来る理由もないので、死後、彼らのほとんどは急いで埋葬されます。 このような状況に耐えられない親切な人々もいたので、彼らは主にこれらの中国人労働者に葬儀を提供するために廣福義祠を建設するために資金を調達しました。

Mid-levels Central is the best place to showcase the integration of Chinese and Western cultures. There are buildings with strong western flavors such as Tai Kwun and PMQ. At the same time, there are also many temples located here. This time, we will visit the Wu Temple and the People’s Temple. The Man Mo Temple was built approximately in the middle of the 19th century. Today’s  Man Mo Temple complex is mainly composed of Man Mo Temple, Lit Shing Kung  and Kung Sor.

After visiting Man Mo Temple, walk along the direction of Sheung Wan for about 5 minutes, and you will arrive at Pak Shing Temple. Pak Shing Temple was originally named Kwong Fook I Tsz and was also built in the 19th century. In the early days of Hong Kong, many foreign Chinese workers came to work here. , They came to Hong Kong alone. So after death, most of them were buried in hastily. Some kind people couldn’t bear this situation, so they raised money to establish Kwong Fook I Tsz, mainly to provide funeral services for these Chinese workers.

Man Mo Temple and Pak Shing Temple, one large and one small, the styles of the two are completely different, so let’s take a look at them together.

 

第2集 穿梭中環半山之建築物篇

在第一集,攝影師沿著扶手電梯來回了一次中環半山,讓大家對半山的景色有個大概的理解。因為路線關係,經過很多特色的建築物,攝影師也過門不入,令大家有種走馬看花的感覺。

本集介紹的建築物包括﹕

1. 大館
2. PMQ元創坊
3. 香港中華基督教青年會必列者士街會所
4. 香港醫學博物館


 

今次我們挑選了中環半山一些有特色的建築物,這些建築物歷史悠久,部份甚至有上百年的歷史,它們的建築風格都深具西洋特色,落戶在香港這塊土地上,令香港這個華洋雜處之地,散發著別具一格的特色。

首先我們會到大館,它位於中環荷李活道,沿著扶電梯前進,很快就可以到達大館。大館是由多棟建築物組成的建築群,包括香港警察總部和中區警署,前域多利監獄和前中央裁判司署,可說是集西式衙門與牢獄於一身。在經過十年時間的活化工程後,大館在2018年重新對外開放,現在的大館,除了是香港的法定古蹟外,同時是當代的藝術中心。

 

最初のエピソードでは、写真家はエスカレーターに沿ってMid-Levels Centralに行き来し、すべての人にMid-Levelsの風景の一般的な理解を与えました。 ルートの関係で、多くの特徴的な建物を通り過ぎた後、写真家はドアを通り抜けることができず、誰もが花を見ているように感じます。 今回は、ミッドレベルセントラルにある特徴的な建物をいくつか選びました。これらの建物は長い歴史があり、100年以上の歴史を持つ建物もあります。それらの建築様式は深く西洋的で、香港の土地に定住しています。場所中国人と外国人が混在する場所は、独特の特徴を醸し出しています。

まず、セントラルのハリウッドロードにあるタイクンに行き、エスカレーターに沿って歩くと、すぐにタイクンに到着できるようになります。 大館當代は、香港警察本部と中央警察署、旧ビクトリア刑務所、旧中央治安判事を含む複数の建物で構成された複合施設であり、西洋式の役所と刑務所の組み合わせと言えます。 10年間の活性化プロジェクトの後、2018年に大館當代が一般公開されました。現在の大館當代は香港の法定記念碑であるだけでなく、現代アートセンターでもあります。

 

In the first episode, it walked along the escalator to Mid-Levels Central to give everyone a general understanding of the mid-levels scenery. Because of the route, after passing many characteristic buildings, the photographer can’t get through. This time we have selected some distinctive buildings in Mid-Levels Central. These buildings have a long history, and some even have a history of over a hundred years. Their architectural styles are deeply Western. They are settled on the land of Hong Kong. The place where Chinese and foreign are mixed, exudes unique characteristics.

First we will go to Tai Kwun, which is located on Hollywood Road in Central, walk along the escalator and you will be able to reach Tai Kwun very soon. Tai Kwun is a complex composed of multiple buildings, including the Hong Kong Police Headquarters and the Central Police Station, the former Victoria Prison and the former Central Magistracy. It can be said to be a combination of Western-style government offices and prisons. After a ten-year revitalization project, the Tai Kwun reopened to the public in 2018. The current Tai Kwun, in addition to being a legal monument of Hong Kong, is also a contemporary art center.

第1集 來回遊走半山自動扶手電梯

香港給人很魔幻的感覺,甚至有人以「魔都」來形容香港。


 

 

 

香港給人很魔幻的感覺,甚至有人以「魔都」來形容香港,這種魔幻的感覺,源自中西文化融合和新舊交替,令香港產生了一種與別不同的魅力。作為節目的第一集,今次會和大家逛逛中環的半山自動扶手電梯,由山腳走到半山,再由半下走回山腳,讓大家看看中西文化交融的特色。

香港は人々に非常に不思議な感覚を与えます。香港を「魔都」と呼ぶ人もいます。この不思議な感覚は、中国と西洋の文化の統合と新旧の交代に由来し、香港に異なるものを与えています。一種の魅力。 ショーの最初のエピソードとして、今回は中環至半山のエスカレーターを歩き、山のふもとから山の真ん中まで歩いて、山のふもとから山のふもとに戻ります。山、中国と西洋の文化の統合の特徴を誰もが見ることができます。

Hong Kong gives people a very magical feeling. Some people even describe Hong Kong as the “Fantastic City". This magical feeling is derived from the integration of Chinese and Western cultures and the alternation of the old and the new, which gives Hong Kong a different kind of charm. As the first episode of the show, I will walk around the Mid-Levels escalator in Central this time. Let everyone see the characteristics of the integration of Chinese and Western cultures.