魔幻魔窟摩香港

第2集 穿梭中環半山之建築物篇

FacebookTwitterWhatsAppLineGoogle+

來到今集最後一站,香港醫學博物館也是超過一百年的建築物,它前身是舊病理檢驗所,在1996年改為香港醫學博物館,博物館內主要記載了香港醫學發展史。

博物館鄰近太平山街,在香港開埠初期曾發生嚴重的鼠疫,鼠疫的重災區正是太平山街,一場鼠疫令香港變成疫埠,短短半年間令香港的人口減少了一半。醫學博物館就詳盡記載了這段歷史,並有記載根治鼠疫的方法。而與鼠疫有關的故事,大家可瀏覽以下連結﹕

聞鼠色變–1894年的鼠疫

このエピソードの最後の目的地である香港医学博物館も100年以上前の建物であり、その前身は古い病理学研究所でした。1996年に香港医学博物館に変更されました。主に博物館です。香港の医療開発の歴史を記録します。

博物館は太平山通りに隣接しています。香港が開港した初期の頃、深刻な疫病がありました。太平山通りは疫病の最も大きな打撃を受けた地域でした。疫病は香港を疫病の都市に変え、減少しました香港の人口はわずか6か月で半分になります。 医学博物館はこの歴史を詳細に記録し、ペストの治療法を記録しています。

 

Coming to the last stop of this episode, the Hong Kong Museum of Medicine Science is also a building for more than a hundred years. Its predecessor was the Old Pathological Institute. It was changed to the Hong Kong Museum of Medicine in 1996. The museum mainly records the history of Hong Kong’s medical development.

The museum is adjacent to Tai Ping Shan Street. In the early days of Hong Kong’s opening as a port, there was a severe plague. Tai Ping Shan Street was the hardest hit area of the plague. The plague turned Hong Kong into a plagued city and reduced Hong Kong’s population by half in just six months. The Medical Museum records this history in detail, and records the cure for the plague.